マンション売却、ローン残債はどうなるの?

キャッシングベスト3

マンション売却するつもりです、でもローン残債はどうなるの?

夫と離婚しました。私が独身時代に購入していたマンションに夫が転がり込んできたような状況だったので、離婚しても当然私が住んでるんですけど、夫婦生活をしたマンションなので、売却することにしました。でも、残債が出るのはわかってるんです。売却してもローンの残債がある場合は、どうなるんですか?

売却しても残債は支払わなくてはなりません、しかし良いことも‥

マンションを売却して残債が残った場合でも、今まで通り支払っていかなきゃダメなのよ。残念だよね。私も同じ状況でした。同じというか、私の場合は夫婦になってから購入したマンションだったんだけど、旦那が浮気したのが原因の離婚だったから、慰謝料として離婚までのローンの支払い分とマンションはもらったの。だけどやっぱり夫婦生活共にしたマンションには住みたくなくなって売ることにしたんだけど、離婚以後のローンは自分で支払うことにしてたからさ、残債が残ったんだよね。

それで私もまだ手続きの途中なんだけどさ、残債は今まで通りのローンを支払わなくていいように月々の返済を少額にしてくれたり、無理のない範囲での返済に応じてくれるの。借入先によっては残高を減額してもらえるときもあるらしいよ。これ債務の圧縮って言うらしい。月々の返済を少額にしてもらわないと一馬力で、しかも普通のOLで払えるわけないっつーの。でも最初はマンション欲しかったし、自分で何としても払うー!って言い張ったからバカだったね。

残債を圧縮してローンの残債が1000万円あったとして、売却か価格が800万円だとしたら債務の圧縮で100万円引いてもらって、残債は100万円になるってこと。ちょとでも自分の支払いが楽になるとありがたいよね。
だけど、残債を圧縮してもらうってことは、任意売却するってことで、任意売却にすると市場価格より安くなるケースもあるみたいなんだよね。そうなるとちょっと考えるよね。

任意売却は残債をローンを借りてた人に代わって保証会社が一端払ってくれることでもあるみたいで、私は保証会社に少額にしてもらった月々の支払いをしていくということなの。保証会社とは限ららないんだけど、債権回収の会社とかね、いろいろあるみたい。社会的にそんな状況に陥った人のことを理解してくれてるみたいなのが救いなんだよ。強引に取り立てることも無くて、返せる範囲で確実に返してくれたらいいよって感じかな。もちろん、ちゃんと話し合いしなきゃならないよ。だけど心が傷ついてるところにそんなことでも優しくされたら嬉しいのよ。

と、ここでごちゃごちゃ言ってるより、マンション売却とか残債のことに相談に載ってくれるところがあるから、まずは無料相談ってのに連絡するのが一番わかりやすいし損もしないと思うよ。

ローン残債があるマンション売却の注意点について

住宅ローンを利用してマンションを購入している場合、転居や買い換えのためのマンション売却を検討した時点で、ローン残債が残っていることがあります。

 金融機関に住宅ローンを借りるとき、抵当権の設定登記をします。抵当権は不動産の登記簿に記載され、返済を滞納した場合、債権者はそれを競売して回収することができます。 マンションを売買するにあたっては、抵当権を抹消、外しておく必要があります。売却代金がローンの残債を上回る場合は問題がありませんが、中には売却した代金をすべて返済に充てても債務が残る、通称、担保割れの状態もあります。

 売却代金でローンの残債の清算が可能ならば、金融機関に売却することを伝え、売買代金が決済され、お金が入ったらただちに、全額返済して、抵当権抹消の登記をします。 担保割れの場合でも基本の流れは同じ、売買代金が決済されたら、不足分を手元のお金から足して残債をすべて支払い、抵当権抹消の手続きをします。 なお、売買による所有権移転の登記費用は、買主が負担しますが、抵当権の抹消登記費用は売主が負担します。

 では、売却代金で残債が清算できず、かつ手元のお金で不足分を手当てできない時はどうすればいいでしょうか。その場合は、金融機関に不足分の融資を受けるか、買換えの場合は新しい住宅の借り入れに上乗せしてもらうことを相談してみましょう。 給与などの安定収入があり、不足分を担保なしで借りることができれば、不足分だけを返済し続けていくことができます。

 また、買換えの場合の上乗せとは、例えば、現在の家を売って、借入金の残債を圧縮し、より小さな家に移り住んで、総額の負担を減らす方法があります。 5千万円の残債がある家が4千万円で売れたら、1千万円不足しますが、2千万円の家を買って、1千万円ローンに上乗せしてもらったら、借入金は3千万円に圧縮できます。
 
 残債が残った不動産の売却は抵当権者の意向によるところが大きくなるので、相談が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ローン審査が通らない理由!知っておくべき5つの大事なポイント All Rights Reserved.